どんなものがあるの?

電動車いすは道路交通法上「身障者用車いす」と規定されています。歩行者として扱われ、最高速度は時速6kmまでです。
大きくは、自分が操作して利用する「自操用」と介助の負担を減らす「介助用」に分類されます。ここでは一般的に普及している「自操用」の3タイプと「介助用」の1タイプをご紹介します。

 

 

自操用ハンドル型

主に足腰が弱くなった高齢者の方が使用するタイプで「電動カート」「電動三・四輪車」「セニアカー」と呼ばれることが多いです。電動車いすの中でもっとも多く利用されています。操作はハンドルとアクセルレバーで行います。

 

メリット

・操作が比較的簡単である
・安定感に優れている。

デメリット

・小回りが利かない。
・車体が大きいため、十分な保管場所を確保する必要がある。

 

 

 

自操用標準型

主にお体にハンディのある方が利用されるタイプで、操作は「ジョイスティック」と呼ばれるレバーを進みたい方向へ倒して行います。

メリット

・その場で回転ができるので小回りがきく
・片手の指先だけで操作できるので片麻痺でも操作しやすい。

デメリット

・ホイールベース(前輪と後輪の距離)が短く、段差や急坂では不安定
・レバー操作が非常に難しく、慣れるまでにかなりの時間を要する。

 

 

 

自操用簡易型

手動車いすに電動ユニットを取り付けた簡易タイプで操作は「ジョイスティック」と呼ばれるレバーを進みたい方向へ倒して行います。

メリット

・その場で回転ができるので小回りがきく
・片手の指先だけで操作できるので片麻痺でも利用しやすい。
・軽量で折り畳みができるため、自動車に積める。

デメリット

・前輪と後輪の距離が短く、段差や急坂では不安定である。
・レバー操作が非常に難しく、慣れるまでにかなりの時間を要する。
・バッテリーが小型のため走行距離が短い

※一般的には「自操標準型」と「自操簡易型」をあわせて「ジョイスティック型」と呼ばれます。

 

 

介助用簡易型

手動車いすに電動ユニットを取り付けた簡易タイプで操作は介助者が車いすのグリップに加える力によって電気モーターが介助者をサポートします。

メリット

・坂道等力の必要な場所で自動的に力を貸してくれる。
・軽量で折り畳みができるため、自動車に積める。

デメリット

・ホイールベース(前輪と後輪の距離)が短く、段差や急坂では不安定
・バッテリーが切れてしまった場合、余計に重くなってしまう